【Silver Forest】
ボーカル曲歌詞
Silver Forest
track06:夏の蜃気楼
composed:NYO
lyrics:NYO
arrange:NYO
vocal:さゆり


心の記憶を彩った
夏の陽、熱く肌を射して
遠くで羽ばたいてる鳥を
追いかけ走りだしたあの日

振りかえれば 遥か彼方
蜃気楼が立ち昇って
追いこしてく あの雲さえ
同じものは 一つとない

君に伸ばした その指は
まだ少し届かない
ただ背中を ずっと追いかけてた
誰もまだ見たことない
未来 描いてみせる
これがきっと恋なんだと 知ったから



切ない心の彩りを
夕日に、重ね君を想う
近くにいても伝わらない
願いは儚く空に散る

出会ったのは 偶然でも
引きこまれた 君の瞳
積ってゆく この想いは
いつの日にか 希望となる

君が歌った その声を
いつまでも忘れない
特別だと 大切だと思う
誰もまだ聞いたことない
音を 紡いであげる
僕の想い 響かせたい 心まで


君に伸ばした その指は
まだ少し届かない
ただ背中を ずっと追いかけてた
誰もまだ見たことない
未来 描いてみせる
これがきっと恋なんだと 知ったから

君が歌った その声を
いつまでも忘れない
特別だと 大切だと思う
誰もまだ聞いたことない
音を 紡いであげる
僕の想い 響かせたい 心まで


【1】ボーカル曲歌詞一覧へ
【2】Silver Forest携帯サイトトップへ
【3】夏の蜃気楼【月光乱舞】テキスト版歌詞はこちら

(C) 2006-2011 Silver Forest All Right reserved.

1